群馬県 通信制高校よくある質問

通信制高校の良さ

通信制高校だけじゃなく何故サポート校まで必要があるの?

サポート校ってどうして必要なの?

■不安なく高校卒業を目指すために助けになるから

 

当サイトの【サポート校・高卒認定予備校だけでは高卒にならない】のページにも掲載していますが、、

 

基本的に通信制高校は自宅学習+スクーリングで、レポート提出やテストを受けることで単位を取得して行きます。

 

最初は頑張るつもりでも、次第にモチベーションも下がってきて、「明日やろう…」が増えてくることが多くなりがちです。

 

そんな時、塾とか予備校のような存在のサポート校があれば、心が折れることなく勉強を進められ、卒業までいける確率も高くなります。

 

ただし、サポート校だけでは高校卒業の資格は取れず、必ず通信制高校に入学し、そのサポート的な存在としてサポート校も受ける必要があります。

 

サポート校は提携の通信制高校の教科書で授業をし、通信制高校に提出するレポート(結構このレポート提出で挫折する場合が多いようです)の添削や提出まで面倒を見てくれます。

 

なにより、いつも直接見守ってくれる心強さがあります。

 

 

もちろん、サポート校は利用せずに、通信制高校だけで卒業する人達もいますし、最近は挫折せずに卒業できるように工夫をしている通信制高校も増えてきました。

 

サポート校を利用するかどうかは、お子さんとじっくり話し合って安心出来る方法を選んでいきましょう。

 

ただ、通信制高校とサポート校は、それぞれ提携しているので(教科書やレポートなども一貫する必要もあるため)、入りたい通信制高校とサポート校がそれぞれ提携していないこともあります。

 

まずは、資料を取り寄せて、通信制高校重視で行くか、サポート校重視で行くかを見ていきましょう。

 

 

■そもそも不登校なのでサポート校にも通えるか不安…

 

一般的な全日制高校や定時制高校の場合には、毎日登校し授業を受ける必要があります。

 

そのため、せっかく高校に入学しても、不安が強くなりまた不登校に陥る生徒もいます。

 

中学まではなんとか卒業までいけても、高校になると留年となったりで行きづらくなり中退する人も出てきます。

 

その点、通信制高校ならそもそも単位制なので留年という概念もありません。

 

お子さんのペースで勉強を続けられます。

 

また、サポート校も、不登校の生徒への対応もとても慣れていますので、お子さんのペースで登校日数なども選べます。

 

最初は週1日からスタートし、3日、5日と増やしていくケースもあります。

 

また例えば、あの家庭教師のトライの作ったサポート校、トライ式高等学院の場合、家庭教師という個別教育から始まった学校だけあり、希望があればご自宅までまさに家庭教師のように伺って指導する方法もあります。

 

この場合も、次第に慣れてきたら通学型に切り替えたりできます。

 

ちなみに、トライ式高等学院の場合、群馬県は高崎市にキャンパスがあります。

 

 

トップに移動

【群馬県の通信制高校で仕切り直し♪】トップページへ

 

 

 

関連ページ

高校デビューって?
高校デビューってもともとどういう意味?悪い意味で使っている例も見かけるけど良い意味はどういう意味なのかなどを調べてみました。
なぜ【今】通信制高校?
通信制高校というと、勝手なイメージで不良の溜まり場とか落ちこぼれの集まる場などという思い込みを持つ人が多いですが、それって別に全日制高校や定時制高校でも同じことが言えどこの高校もピンからキリまであるのが現実、それなら通いやすいところでじっくりお子さんの将来に向けて動いてみませんか?
通信制高校だけで大丈夫?
通信制高校は自宅学習が中心。つまり一人で勉強をし続けることになります。勉強自体の難易度は高くなくても一人だけで長い期間勉強するのは心が折れそうになったり挫折したりしないのでしょうか?
留年することってあるの?
通信制高校では留年させられることってあるのでしょうか?全日制高校なら出席日数が足りないと留年させられます。なんとなく肩身が狭くなりそのまま中退するケースもありますが、果たして通信制高校の場合は?
高認さえ取れたらもう大丈夫?
文部科学省の定める高校課程は全日制課程、定時制課程、そして通信制課程の3課程のみです。そして高等学校卒業程度認定試験に合格した場合は、これら3課程の高校を卒業したと同じ程度の学力を有するという証明であって、高校卒業にはなりません。
通信制高校でも友達は作れるの?
通信制高校は基本的に自宅学習のため孤独を感じることがあるかもしれません。でもスクーリングもありますし、学校によっては修学旅行や文化祭などを企画しています。慣れてきたら少しずつ参加できると良いですね。
また不登校になったら…
長く不登校だと、せっかく高校に入学が決まってもまた不登校になりそうで不安という気持ちになる人も多いです。お子さんのそのような不安を少しでも軽減できる通信制高校やサポート校を選びましょう。