群馬県 通信制高校よくある質問

通信制高校の良さ

せっかく高校に入学しても不登校になりそうで不安?

通信制高校・サポート校が決まっても不登校が不安

 

■トライ式なら家庭教師方法もある

 

 

通信制高校の場合は、基本的には月に2度ほどのスクリーニングがありますが、最近では最初は週1日から始め、なれてきたら週3日、週5日と通うタイプの通信制高校、サポート校があります。

 

 

そのため、不登校が長かったけれど、なんとか気分一新で頑張りたい人には段階を踏んで通学回数を増やせます。

 

 

その逆に、また通えなくなるのでは…という不安のほうが大きいけれど、それでも学校は続けたい気持ちがある場合もありますね。

 

 

あんまり気負いすぎると精神的な負担が大きくなりすぎプレッシャーが強くなります。

 

 

その点、トライ式高等学院なら、さすがは家庭教師のトライの作ったサポート校だけあり、希望すれば、家庭に先生がやってきて勉強を見てくれることから始めることも可能です。

 

 

また、学校に行っても、個別ブースでの勉強なので、勉強が遅れていて気後れしそうな方でも、恥ずかしい思いをせずに個別に先生から指導を受けられます。

 

 

それでいて、休み時間には仲間と触れ合うスペースや時間もあるので、同じ不登校の悩みを抱える人達同士、話もしやすかったりで、友達が作れる可能性も広がります。

 

 

通信制高校やサポート校、それぞれに独自の魅力もありますので、一度資料をまとめて取り寄せて見比べ、お子さんと一緒に話し合ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

トップに移動

【群馬県の通信制高校で仕切り直し♪】トップページへ

 

 

 

 

関連ページ

高校デビューって?
高校デビューってもともとどういう意味?悪い意味で使っている例も見かけるけど良い意味はどういう意味なのかなどを調べてみました。
なぜ【今】通信制高校?
通信制高校というと、勝手なイメージで不良の溜まり場とか落ちこぼれの集まる場などという思い込みを持つ人が多いですが、それって別に全日制高校や定時制高校でも同じことが言えどこの高校もピンからキリまであるのが現実、それなら通いやすいところでじっくりお子さんの将来に向けて動いてみませんか?
通信制高校だけで大丈夫?
通信制高校は自宅学習が中心。つまり一人で勉強をし続けることになります。勉強自体の難易度は高くなくても一人だけで長い期間勉強するのは心が折れそうになったり挫折したりしないのでしょうか?
サポート校の存在意味は?
通信制高校について調べていると、サポート校というのが出てきて混乱してきますね。基本的に通信制高校だけでも大丈夫ですが一人での自宅学習だと挫折しそうで不安な場合や、やりたいことを高校の勉強と合わせて指導するためにサポート校があります。
留年することってあるの?
通信制高校では留年させられることってあるのでしょうか?全日制高校なら出席日数が足りないと留年させられます。なんとなく肩身が狭くなりそのまま中退するケースもありますが、果たして通信制高校の場合は?
高認さえ取れたらもう大丈夫?
文部科学省の定める高校課程は全日制課程、定時制課程、そして通信制課程の3課程のみです。そして高等学校卒業程度認定試験に合格した場合は、これら3課程の高校を卒業したと同じ程度の学力を有するという証明であって、高校卒業にはなりません。
通信制高校でも友達は作れるの?
通信制高校は基本的に自宅学習のため孤独を感じることがあるかもしれません。でもスクーリングもありますし、学校によっては修学旅行や文化祭などを企画しています。慣れてきたら少しずつ参加できると良いですね。
トライ式なら引きこもりも大丈夫?
長く不登校だと、せっかく高校に入学が決まってもまた不登校になりそうで不安という気持ちになる人も多いです。お子さんのそのような不安を少しでも軽減できる通信制高校やサポート校を選びましょう。